代表挨拶

「夢を持つことは明日を楽しみに生きること」
生き方が多様化した現代。 選択肢が増えた結果、自分が何がしたいかわからないと言った声を聞きます。 しかし一方で、やりたいことを見つけ、自分の夢に向かって進み続けている人もいます。 誰もがやりたいことを見つけ、毎日を楽しみに生きるにはどうすれば良いのか? その答えが団体理念である「夢を応援し合える仲間、夢を誇りに思えるコミュニティ」を作ることです。この活動を通して、1人でも多くの人が自分の望む未来に向かって羽ばたける。そんな学生コミュニティを札幌に実現します。


代表 種市慎太郎

団体理念

「学生団体UKARI」は、2018年2月18日、「札幌に仲間と出会える学生コミュニティを作る」という理念の元設立されました。 現在24名の学生が、様々な学校から学生団体UKARIのメンバーとして私たちの活動に参加しています。 彼らはプライベートでも話す関係の友人同士もいれば初めて会った人たちや、この団体が無ければきっと出会わなかったであろう人たちもいます。

「学生団体UKARI」では、
学校では出会えない人との繋がりや、学校外でしかできない活動を通して、自分のやりたいことや得意なことと向き合い、新たな経験をする。
そんなコミュニティを目指して運営しています。